賃貸物件の初期費用ってどのくらい?

最低限の必要費用について

賃貸物件を借りようとする時は契約金として敷金、礼金、仲介手数料がかかってきます。敷金は退去時の原状回復費用にあてるための保証金としての役割を持つものになり、退去時に原状回復費用を差し引いた分は手元へ戻ってきます。礼金は貸主へ家を貸してくれたお礼のために支払われるお金となります。敷金、礼金の支払い相場としては各1ヶ月から2ヶ月分の物件が多いですが、今は空室率の増加より、片方がゼロ、もしくは両方ともゼロという物件もあります。
また、仲介手数料は物件を仲介してくれた不動産会社に支払うお金となります。相場は家賃の1ヶ月分と消費税となりますが、これは不動産会社が受け取れる最高額であるため、少しでも多く仲介したいと仲介手数料が半額の仲介会社もあります。

その他の必要費用について

その他の費用として、保証会社使用料、鍵交換費用、火災保険料があります。保証人がいない人は保証会社を使用する物件が多く、相場が家賃の0.5ヶ月から1ヶ月となっていますが、保証会社により様々な支払いプランがあります。
鍵交換費用は鍵交換の希望者のみになりますが、前の入居者がコピーキーを持っている可能性がありますので、お金に余裕があるならば交換した方がよいです。相場は鍵の持つセキュリティにより異なりますが1万円から3万円程度となっています。
火災保険は何かあった時の備えになりますのでほとんどの物件で加入が義務付けられます。保証できる金額によって保険料も異なりますが1年で5千円から2万円が相場になっています。

© Copyright Quality Of Life.All Rights Reserved.